プラス自動車保険

任意保険について

任意保険

民間の保険会社がそれぞれで契約内容や種類を定めているため、掛け金の料金設定や支払金額等もピンキリです。できるだけ料金が安くなるように、と選んでいくと十分な保障が付いていなかったり限度額が低かったり、運転者が限定される事もあります。また、会社によって同じようなセットサービスでも内容が違っている事もあります。イザという時には、何をしていいのか、冷静に判断することができない場合も多いですよね。お世話にならないほうが良いのですが、何かあった時には頼りになるものを選びたいですね。


仕組み

自賠責で足りない部分を補う任意加入式

簡単にいうと、自賠責の内容を補填する役割りを持っているのが任意保険の制度です。実際にジコが起きた場合、始めに支払われるのは自賠責です。その後、重大なヒ害状況だった場合には、自賠責ではばい償しきれない金額を任意保険から支払われます。また、物損や過失割合が大きい場合も、自賠責では支払が行われない事があります。その場合にも、任意保険で支払うことになります。

加入しないと…

自賠責とは違い、加入していなくても罰則がある制度ではありません。しかし、物損や自賠責の支払限度額を超えた支払が生じた時に自腹で払いきれない事もあります。自分が加害者であれば自分の懐が痛むだけでなく、家族や親類にも迷惑をかけたり、被害者に十分な補償ができずさらに辛い状況になる可能性もあります。自分の運転が完璧でも、運転中には何があるかわかりません。自賠責と共に任意保険にも加入するようにしましょう。

保障の仕組み

自賠責と違い、保険の掛けられる対象範囲が広く設定されています。対人・対物・自損など種類も多く、その中から必要なものを自分で選んで契約します。会社によって様々な割引サービスが付いているものや、オプションが付いているものもあります。また、過失の割合による相殺減額範囲も広く、さらに限度額は無制限になっているタイプも多くあります。

継続・解約・乗り換え

任意では通常1年ごとに継続・更新・解約を行います。種類や保険会社のシステムにもよりますが、無事故・無違反の期間のながさ、運転の平均距離などにより、等級が上がり掛け金が安くなる事もあります。同じ保険会社、契約内容を変更したい場合には等級はそのまま、契約内容だけを変更する事もできます。しかし、現在利用している保険会社や共済ではなく、他の会社や共済の補償内容に変更したい場合には、一度解約して新しく契約しなおすことになります。

保障の種類と内容

対人

人身事故のヒガイシャに対するけがなどの補償を行うためのものです。支払金の設定は限度額無限のものから、比較的低い限度額が設定されているものもあります。しかし、イザという時のためのものですから、対人は無制限で加入することをお勧めします。


対物

他人の財産にそんがいを与えてしまった場合、法律上の倍賞責任が生じた場合の補償を行うものです。自分自身の財産に関しては対象外になることが一般的です。


自損

電柱・ガードレールにぶつかってしまったり、側溝や山道で転落したりというジコを起こしてしまった場合、運転していた車の所有者や運転者のケガなどの保証を行うためのものです。治療や入院・通院費の他に、必要に応じて介護費用が適用される事もあります。


無保険車

対人保険に加入していない場合や加入している対人の便石範囲にあたり保険金が支払われない場合、加害者が特定できない場合などでも、ケガなどに対する保険金を支払うことができるようにするためのものです。オプションとして付帯しておくことが多く、その場合には加入している対人の限度額と同じ設定で支払われます。


搭乗者

保険加入車両を運している運転者、同乗者に対するない用のものです。保険の種類によっては、運転者の年齢に制限がかかる場合もあります。


車両

契約している車両・バイク・原付(原動機付き自転車)が、衝突・接触・落下物の飛来・火災・転落・火災など偶発的なジコにより、そんがいを受けた場合、査定に基づき保険金を支払って保証します。