プラス自動車保険

自動車保険

保険は使われないことが基本ですから、なかなか実態がつかみづらいし、色々な決まりがあって難しいんですよね。そこで、保険会社に見積もりを出してもらい比較しますが、本当にお得なのか、自分に必要なものが十分そろった内容なのか、不安になります。そこで、実際に起こりやすいもったいないパターンや、賢い保険の加入方法等をご紹介します。すでに加入している人もこれから加入する人も必見の自動車保険情報が満載ですよ!

まずはこれを覚えておこう!

自動車保険には時効がある!

時効とは

自動車保険に加入してアクシデントに合った場合、期限以内に保険金の請求手続きを行わないと、もらえるはずの金額ももらえなくなってしまいます。自動車保険に適用される商法では、保険会社には支払い義務が2年間とされています。そのため、2年以上経過してしまうと、契約していたのに支払ってもらえる権利を失ってしまうことになります。また、この時効2年も、自賠責と任意、被害者・加害者、さらに請求する内容によって期限が違っています。

こんな場合に権利を失いやすい

例えば、雹やあられで一定地域の自動車に損害が起きたという過去の例では、沢山の人がもったいないことをしています。その時、損害を受けた多くの人が自分の契約している車両保険で修理費をカバーできることを知らずに、請求手続きを行わなかったために権利を失ってしまいました。権利を失わないためには、自分の契約している内容をしっかり把握しておく事も大切です。


請求期限

自賠責保険

自賠責は被害者を救済するためのものなので、アクシデントが起きた後加害者が被害者に賠償金を支払った後に、加害者が保険会社に支払うことになります。そのため、自賠責の加害者は被害者に対して支払が完了してから2年が期限になります。また、被害者が請求する場合には、死亡日もしくは症状固定の診断が決定した日から2年以内に請求手続きを行わなければいけません。

任意保険

任意保険の被害にあった場合、加害者側の保険会社に請求するのが一般的ですよね。被害者が加害者側の保険会社に保険金の請求をする場合は、治療完了や症状固定日から3年以内に手続きを行う必要があります。被害者が自分の保険を使用する場合には、ほとんどの場合、事故発生日や症状が出た日から2年以内になります。請求する内容によって30日以内や180日以内などというものもあるのでチェックしておきましょう。また、万が一、加害者が判明していない場合には、事故発生日から20年で時効と民法で定められています。


お得な自動車保険を選ぶために

自動車保険と言ってもわからない用語やいまいちピンとこない保険の内容で素人にはちょっと難しいですよね。でもこのサイトで少しの知識でも身につけることによって、自分にあった保険を選ぶ手助けにはなるでしょう。
それでは自動車保険の仕組みやその内容について詳しく解説いたしましょう!

自動車保険を知ろう!

自動車保険の歴史

歴史

自動車保険の元となった船の保険や日本での保険制度発展の歴史、あまり知られていない日本国内で営業する保険会社のタイプ等

→

自動車保険用語辞典

用語辞典

自動車保険を契約するときわかりにくい専門用語や実際にアクシデントにあった場合にも使われることの多い保険用語の意味などについて

→

保険に入るときに確認すること

自賠責保険について

自賠責保険

法律で強制加入が定められている自賠責保険の仕組みや適用条件、加入料金や支払金額等についてわかりやすく解説

→

任意保険について

任意保険

自賠責では補えない範囲の補償を行ってくれる任意保険の仕組みや様々な種類とその契約内容等について特集します。

→

対人・対物賠償について

対人,対物,賠償

万が一の場合、対人と対物の倍賞をスムーズに行うことができる保険の種類や内容、契約の際のポイント、請求時に必要な書類等

→

保険会社が用意する様々な特約について

保険会社,特約

任意保険をよりお得に手厚い内容で契約しておくために知っておきたい特約の役割やつけ方、役に立つ主な種類の特約の内容等

→

自動車保険のあれこれ

保険料を抑えるには

保険料,等級

自動車保険をできるだけ安く押さえるために知っておきたい保険料の基準や割引・割り増しの判断基準となる等級や免許の種類等

→

保険料を抑えるには

保険料,家族,限定,配偶者,特約

割引率が上がる様に運転者を限定することのできる特約の種類と内容や車両保険のお得な掛け方等について説明します。

→

事故を起こしてしまった場合の手続き方法

事故,保険,手続き,方法

実際に事故が起きてしまった時に必ずやっておくこと、保険金を請求するために必要や手続きの流れや方法、必要な書類等について

→

示談について

示談

保険金の金額にも関係している示談について、書類の作成ポイントや気をつけたいこと、交渉がスムーズにおかなかった場合の手続き

→